1. ホーム
  2. 取扱事件
  3. 医療過誤

取扱事件

医療過誤

医療過誤事件

 医療事故紛争を解決する方法としては、医療過誤訴訟が知られています。医療機関の責任を明らかにして賠償金の支払を求めるために提起する訴訟が医療過誤訴訟です。
 訴訟を起こすためには、医療機関に過失があるか、被害と過失の間に因果関係があるのかなどをまず調査することが必要です。通常は、カルテ・看護記録・検査記録などの医療記録を入手して、医学文献の調査をし、第三者の医師のアドバイスを求めます。診療記録の入手方法には、医療機関の「カルテ開示」と、改竄のおそれがある場合に利用する裁判所の「証拠保全」手続があります。
 調査が終わって医療機関に一定の責任が認められるとなれば、医療機関に説明会の開催を求めます。ここで、話合いによる解決の見通しがあると判断できれば、交渉を続けて示談とすることも可能ですが、見解に隔たりがある場合には、訴訟を提起することになります。また、交渉ではなく、医療ADRという弁護士会の仲裁手続の利用も検討します。
 弁護士がご依頼を受ける場合には、まずは調査について受任し、その結果や依頼者の方の希望などを総合勘案して最も適切な手続を選択していくのが通常です。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください
042-524-4321
042-524-4093

ご相談予約受付フォーム

【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第4を除く):13時~18時

お問い合わせ

ご相談予約は
こちらまで
042-524-4321
042-524-4093
【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第4を除く):13時~18時

ご相談受付フォーム