1. ホーム
  2. トピックス
  3. 2014三多摩憲法のつどい 「アベノミクスの正体」 を開催します。

トピックス

トピックス

2014三多摩憲法のつどい 「アベノミクスの正体」 を開催します。

更新日:

 2012年12月に発足した第2次安部政権は、経済戦略に重点を置き、デフレ脱却を掲げた経済政策、「アベノミクス」を打ち出しました。「アベノミクス」は、①大胆な金融政策、②機動的な財政政策、③民間投資を喚起する成長戦略という「三本の矢」を柱とし、打ち出された当初より国内外から注目されてきました。「アベノミクス」が打ち出されて以降、円安は進み、株価も順調に推移しており、経済政策は一見奏功しているようです。バブル崩壊後低迷してきた経済状況の下、経済回復が評価されることで、安部政権の支持率も高水準で維持されています。「アベノミクス」は、本当に日本経済を救う光明なのでしょうか。それともバブルであり、再びはじけてしまうのでしょうか。

 2014年「三多摩憲法のつどい」では、三菱総合研究所を経て、現在は、ニュース番組のコメンティターとしても活躍されている同志社大学大学院ビジネス研究科教授の浜矩子さんをお招きし、ご講演いただきます。浜さんは、「アベノミクス」が打ち出された当初から、エコノミストとして、同政策に警鐘を鳴らし続けてきました。「アベノミクス」とはどんな政策で、どんな問題があるのでしょうか。言葉とイメージだけが一人歩きする「アベノミクス」の正体を私たちは見極める必要があります。経済問題を通し、この国のこと、わたしたちのこれからの生活のことを一緒に考えてみませんか。

 多くの方のご参加を心からお待ちしております。

◇◆◇◆プログラム◇◆◇◆
日時:2014年5月22日(木)
    18:00 開場
    18:30 開演

場所:立川市女性総合センター「アイム」1階ホール
   ・JR立川駅北口 徒歩3分

   《予約不要・入場無料》

◇◆◇◆プロフィール◇◆◇◆
講演:浜 矩子(はま・のりこ)氏

 同志社大学大学院ビジネス研究科教授。エコノミスト。1952年生まれ。1975年、三菱総合研究所入社後、同社初代ロンドン駐在員事務所長に就任。帰国後、同社経済調査部長、政策経済研究センター主席研究員を経て2002年10月より現職。
 金融審議会、国税審査会等を歴任。
 NHK、フジテレビほか民放各社の番組にマクロ経済問題に関するコメンテイターとして出演。
 「アベノミクスの真相」(中経出版、2013年)、「老楽国家論〜反アベノミクス的生き方のススメ〜」(新潮社、2013年)、「2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る」(共著、東洋経済新報社、2013年)。等著書多数。

チラシ (672 KB)

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください
042-524-4321
042-524-4093

ご相談予約受付フォーム

【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

お問い合わせ

ご相談予約は
こちらまで
042-524-4321
042-524-4093
【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

ご相談受付フォーム