1. ホーム
  2. トピックス
  3. 2015三多摩憲法のつどい「憲法のちから〜戦後70年のいま、考えよう〜」を開催します

トピックス

トピックス

2015三多摩憲法のつどい「憲法のちから〜戦後70年のいま、考えよう〜」を開催します

更新日:

 安倍政権は、「積極的平和主義」をかかげて、国民の目と耳をふさぐ特定秘密保護法を制定したり、集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲を行うなど、憲法9条を壊し、日本を戦争ができる国にするための危険な動きを、これまでにないはやさで進めています。国民の一部からは、「憲法9条は時代遅れである」などの声も耳にしますが、私たちは、そのような声が的を射ているとは思えません。
 今年、日本は第二次世界大戦終結から70年をむかえます。この70年間、日本は、1度も戦争に巻き込まれることなく、また1人の戦死者も出すことがありませんでした。平和をまもり、戦争につきすすまないために、私たちは一体何をすべきでしょうか。そのヒントが、日本国憲法や9条の存在にあるのではないでしょうか。戦後70年をむかえたいま、憲法9条が果たしてきた役割について正面から向き合い、憲法改正のこと、平和のことを一緒に考えてみませんか?
 多くの方のご参加を心からお待ちしております。

◇◆◇◆プログラム◇◆◇◆
日時:2015年5月29日(金)
    18:00 開場
    18:30 開演

場所:立川市女性総合センター「アイム」1階ホール
   ・JR立川駅北口 徒歩3分

   《予約不要・入場無料》

◇◆◇◆プロフィール◇◆◇◆
講演:伊藤 真(いとう・まこと)氏

伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長・法学館憲法研究所所長
日弁連憲法問題対策本部副本部長

1958年生まれ、東京都出身。伊藤塾(法律資格の受験指導校)を主宰。
1981年司法試験合格。その後、真の法律家の育成を目指し、司法試験の受験指導にあたる。「憲法を知ってしまった者の責任」から、日本国憲法の理念を伝える伝道師として、講演・執筆活動を精力的に行う。
2009年7月、多くの弁護士、著名人とともに、「一人一票実現国民会議」の発起人となり、日本に真の立憲民主主義を実現すべく弁護士として奮闘中。また、2014年5月、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する憲法学者や元政府関係者らとともに「国民安保法制懇」を立ち上げる。
NHK「日曜討論」「仕事学のすすめ」等マスコミなどにも多数登場。
専門書、一般書著書多数

チラシ (602 KB)

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください
042-524-4321
042-524-4093

ご相談予約受付フォーム

【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

お問い合わせ

ご相談予約は
こちらまで
042-524-4321
042-524-4093
【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

ご相談受付フォーム