1. ホーム
  2. トピックス
  3. 法律事務所・市民の力で「自衛隊の迷彩服試着の企画」を阻止

トピックス

トピックス

法律事務所・市民の力で「自衛隊の迷彩服試着の企画」を阻止

更新日:

 6月29日に立川市の子ども未来センターで「わんぱく相撲東京都大会」が行われました。
 主催は「わんぱく相撲東京都大会運営委員会」ですが、立川青年会議所が主管として行い、立川市、立川市教育委員会が後援するというものです。
 ところが、その企画に陸上自衛隊立川基地がブースを出し、迷彩服を着た隊員が待機して、すもう大会に参加した子どもさんや広場に集まった子どもさんに
迷彩服の試着をさせるという企画があることが分かりました。
 このまま黙っていては安倍首相の「国家安全保障戦略」にある「自衛隊、在日米軍等の活動への理解を広げる」という戦略を容認してしまうことになる。
そもそも戦闘服である迷彩服を子どもに着せ、そのような環境に慣れさせること自体「子どもの権利条約」に違反するのではないか。
 集団的自衛権が問題となっている今、そんなことを立川市や教育委員会が後援し、公益財団法人たる青年会議所が主管するとはもっての他であり、黙認しては安倍流国家戦略を容認することになる、なんとしても抗議しようということになりました。
 そして立川市内の主だった8団体と三多摩法律事務所が急遽集まり、6月23日に「迷彩服試着企画」を止めるよう陸上自衛隊立川基地と立川市、教育委員会、青年会議所に文書を持参し申し入れしました。
 するとその日の午後、青年会議所から、「申し入れの趣旨は理解しました。迷彩服試着の企画は取りやめます。」との電話がありました。
 立川市議選のまっ最中に集まり、投票日の翌日の申し入れとなりましたが、市民の力を示した行動となりました。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください
042-524-4321
042-524-4093

ご相談予約受付フォーム

【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

お問い合わせ

ご相談予約は
こちらまで
042-524-4321
042-524-4093
【業務時間】
・月~金:9時~19時半
・土(第1):13時~16時
・土(第2・3・5):10時~16時

ご相談受付フォーム